Fender純正ミッドブースター取付加工 第一号の作業終わりました

Pocket



ミッドブースター取付作業をお客さんのギターの加工依頼という形で請けるのは
今回が初めてで第一号となる記念すべき作業でした。

販売用として仕入れたギターに取付して販売というのは、過去にやっているので
すが、今回のはお預かりした大切なギターだけに失敗出来ないというプレッシャー
がすごくありました。
なので、いつもよりもかなりじっくり慎重に作業しました。

DSCN0329

まずは、ザグり作業のテンプレートを作成しました。

今までは、テンプレート無しでやっていましたが、仕上がりを綺麗にするには
テンプレートあった方が良いし、今後も同じ穴を掘るのに楽なのでべニア板を
使って作成する事にしました。

基板を入れる位置と、バッテリーボックスを入れる位置の計2か所分です。

DSCN0419

今回取付するのは、このストラトです♪
DSCN0335b

パーツを外していきます。
DSCN0338

DSCN0337

DSCN0339

それではザクり作業開始です。まずは基板用のザクりです。
養生していきます。
DSCN0341

テンプレートを載せてトリマーで掘っていきます。
DSCN0343

ザグりをするのはトリマーという機械を使用します。

DSC_5203

DSC_5203

トリマーのビット(刃)です。これが高速回転します。
気を付けないと結構危ないです。
DSCN0334

ザグり完了です。
DSCN0344

裏面のバッテリーボックスのザグり作業完了です。
DSCN0350A

それでは部品取付作業です。
今回取付するパーツです。フェンダー純正のミッドブースター回路のキットです。
DSCN0330

DSCN0331

基板の埋め込む位置に絶縁テープ処理します。
ビニールテープを直接だと貼り付きにくいので、先にマスキングテープを貼っています。
その上にビニールテープを貼ったところです。
DSCN0353

基板を埋め込みました。
DSCN0354A

配線作業中です。
DSCN0356

フェルナンデス製のバッテリーボックスを埋め込みました。
DSCN0357A

完成しました♪サウンドチェックも良好です♪
ミニスイッチでミッドブースト回路をバイパスできるので、取付前のノーマルの状態と
ONのパワーが上がった状態とブーストツマミを回して中域をブーストさせたサウンドが
楽しめます。
お渡ししたところ気に入って頂けた様で良かったです♪
DSCN0360

ミッドブースターやその他アクティブ回路の取付作業はこちらで受付しております。
ホームページ kennii guitars http://www.kenniiguitars.com/
ヤフオク http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/kenniidc5

コメントを残す




スパムコメント対策中 - H Speed WP