ボリュームペダルレベルメーター完成☆

Pocket



友人からボリュームペダルレベルメーター作成出来る?
との問い合わせがあり、無理そうなのでお断りしたのですが、
ネットで検索していたら使えそうなレベルメーターキットが
あったので出来そうかな?と作成してみました☆

マイコンを使ってプログラムを書く必要があるかと思っていたのですが、
このキットを使えば電源と信号線を繋ぐだけでOKなんです☆
ただし、ボリュームペダル側で改造が必要だったりします。
ボリュームペダルによっては使えない可能性もあります。
とりあえずINとOUTは2系統あり、その内の1系統はレベルメーター用に
使用するので、楽器側は1系統しか使えなくなります。

作成後に思いついたのですが、切替スイッチ付けておけば、レベルメーター
を使用しない場合は2系統とも使えますね。

※追加  1系統でテストしたらミニマムボリュームを0で使用するなら
問題なく使用出来ました。なのでボリュームペダル改造しなくてもいけ
そうです。


所有しているBOSSのFV-50Lを改造しました。ネットで検索した図面は
FV-50Hしかなかったのですが、Lの方はボリュームポットの抵抗値が
違うだけで、基本的に同じです。

ボリュームペダル  H 250k L 20k
ミニマムボリューム H 500k H 50k (印字が見れなかったのでテスターの測定値)

IN OUTの2をレベルメーター用に使用したのですが、コンデンサを取り外し
ミニマムボリュームを通さないように改造しました。

DSC_1625

DSC_1628

ボリュームペダルの裏蓋を開けたところです。
本体がプラスチック製なので、金属のシートで絶縁されています。
裏蓋にはアース線がネジ止めされていました。

DSC_1627

ジャックは基板に直付けです。コンデンサもここに付いています。

DSC_1630

メインのボリュームポットです。2連ポットになっています。
20kΩのBカーブです。

DSC_1640

入力2の回路なのにコンデンサはC1です。1と2の表示逆になっているのかな?

DSC_1641

上がメインボリュームで下がミニマムボリュームです。

DSC_1642

DSC_1643

このオレンジの配線を外してミニマムボリュームをバイパスして
グランドに接続します。

DSC_1633

ブレッドボードで動作テスト中です。
調整は半可変抵抗(トリマ)でペダルを最大にした時にLEDが
全部点灯する様に合わせます。

DSC_1646

アルミケースに部品の配置を下書きします。

DSC_1647

DSC_1648

ケースにボール盤で穴開けしたところです。
四角い穴は穴開けしたところをヤスリで仕上げました。

DSC_1649

部品を取り付けていきます。

DSC_1653

取付完了です。

DSC_1654

完成しました☆

DSC_1658

ボリュームペダルとの接続はこのコードを使用します。
ステレオプラグからモノラルプラグでL(白)R(赤)の2本に分けてある
タイプです。変換プラグを使用して標準ジャックにしています。

DSC_1659

DSC_1660

ボリュームペダルの2の方に赤と白のプラグを接続します。
1の方はギター等の楽器を接続します。

DSC_1661

レベルメーター側はステレオプラグを接続します。

DSC_1663

右側のDCジャックに9V電源を接続します。(センターマイナス)

DSC_1664

DSC_1665

DSC_1662

動作確認OKです。
ペダルの位置によってLEDが10段階に点灯します♪

動作テストの動画はこちらをクリック

コメントを残す




スパムコメント対策中 - H Speed WP